長期投資はアクティブよりパッシブ!つまり、インデックス ファンドが最適。

短期の運用においては、アクティブファンドがインデックスファンドに勝ることはもちろん
あります。
しかし、長期で見た場合、インデックスファンドを上回るアクティブファンドは、2割もないと言われています。

理由としては、2つあります。

◎ひとつは、手数料の影響があります。
  アクティブファンドは信託報酬(毎年取られるコスト)が高く、インデックスファンドの2倍から
  3倍になるものもあります。長期で考えた場合、常にこの手数料の差を埋めるだけの運用
  成果を挙げなければならないということです。

◎二つ目は、効率的市場仮説から言えることです。
  効率的市場仮説とは、現在入手可能な情報はすべて株価に織り込まれており、株価は、
  常に適正価格に落ち着いているという考え方です。

  この「効率的市場仮説」が本当であれば、現在入手可能な情報から、調査し、研究しても、
  割安な株を見けることは不可能と考えられるわけです。

  つまり、市場の平均指数(インデックス)をだまって持っていることが良い結果が得られ、
  アクティブファンドは、どんなに頑張っても、平均指数を上回ることはできないということに
  なります。

  この「効率的市場仮説」は、考えれば考えるほど奥深い仮説ですが、これを信じるも、
  信じないも、長期においてアクティブファンドよりインデックスファンドの勝率が高いこと
  事実である以上、資産形成ではインデックスファンドを利用することが有効であると考えられます。
 

  ちなみにアクティブファンドは、私たちが調べた「資産運用における典型的失敗 パターン」にも
  当てはまります。

  パッシブ運用とアクティブ運用
  アクティブ運 用の手法